リリーライフ

三原色をベースに無限の可能性を手に入れよう

Pocket

スポンサーリンク

 

こんにちは、レインボーに輝くリリーです。

 

眩しいですか?

 

皆さんのつぶらな瞳をイジメて申し訳ありません。

 

なにせレインボーなもんで。

 

 

 

 

 

 

三原色は、色を表現するための基本となる色です。

 

光の三原色では、『赤』『緑』『青』の3つの色でほぼ全ての色を再現できると言われています。

 

それと同様に私がいくつもの可能性を生む上で大事としているベースは、

 

『向上心』『知識』『行動』の3つです。

 

この3つを軸としていくつもの可能性作っていく事が可能だと考えています。

 

学問なき経験は、経験なき学問に勝ると言われるように、
経験から学ぶことの方がよっぽど大切なんですが、知識なくして行動もまた難しいわけです。

 

向上心という良質な下地の上に、知識と経験という色を乗せる事で、より鮮明なビジョンが描けます。

 

やる気がない人間が、勉強をして経験を積んだ所でボヤけたビジョンしか描けないですし、はたから見ても輝いて見える事はないです。

 

三原色とはそれぞれの特色を生かす事で様々な色を作る事が可能なわけで、特色を殺してしまうとバリエーションは確実に減るわけです。

 

それは同じ色を重ねても一緒です。

 

例えば、アニマル濱口さんの、

 

『気合いだー』『気合いだー』『気合いだー』

 

 

 

 

……気合だけじゃどうにも何ねーよ!!!となります。

 

 

辛口にはなりますが常に一色で、どの番組を見てもそれだけで発展は皆無です。

 

かたや、井脇のぶ子ちゃん。

 

 

 

 

 

『やる気』『元気』『いわき』

 

どうですか?

 

のぶ子ちゃんの方がいじりたく可能性を感じませんか?

 

 

あまりにも輝きすぎて教育者、政治家の文字がボヤけて見えます。

 

 

『やる気』『ネガティブ』いわき』や、『やる気』『やる気』『やる気』ではダメなんです。

 

 

 

綺麗事だと思われるかもしれませんが、綺麗事を地で行くしかないです。

 

そこにネガティヴを取り入れる必要はないですし、取り入れる時点で向上心があるとは言えません。

 

せっかく知識を取り入れ行動に移してもネガティヴカラーで色を濁してしまったら何のこっちゃとなります。

 

そして重要なのが、

『向上心』『知識』『経験』に限らず個々にあったものを軸として入れる事です。

現段階で、私個人はこの3つに比重を置いてますが、あくまで私に必要な軸であって万人に共通するわけではありません。

 

相乗効果が得られる軸の組み合わせは人それぞれですし、置かれた環境でも変わってきますので自分にあった軸を作りオリジナルカラーを作ってみてはいかがでしょうか。

 

ではレインボーマンはここら辺でドロンさせて頂きます。

 

スポンサーリンク

 

 


人気ブログランキング

Pocket

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です