リリーライフ

ダルマさんが転んだ人生を変えていこう

Pocket

スポンサーリンク

 

 

 

だ〜る〜ま〜さ〜ん〜が〜こ〜ろ〜ん〜だ〜…

 

 

 

 

ダルマさんが転んだ

 

鬼が呪文唱え終えて視線をコチラに向けてる間は動く事が禁じられている。

 

ルールを破ると鬼の捕虜となります。

 

動いていいのは鬼が視線をコチラに向けてない時だけだ。

 

鬼の視線を気にして思うように動けない世界。

 

私の人生もそれに似たものがあり、
長い間人の視線が足枷となり、その場から動けずにいた。

 

だが人の目を気にする事で結果的にメリットもあった。

良く見られたいが為に努力を惜しまない、
向上心も人一倍あったし、携わった仕事ではそれなりに結果も残してきた。

 

だが、そこには自由はなかった。

心から楽しめる空間も限られた場所だけだった。

そりゃそうだ、人の目を気にしていて自由などありえないのだ。

 

本当に自由になるにはどうすべきか?

 

人の視線や、ネガティヴな言葉に左右されない強い意思と自分に対する自信を持つ事。

 

そしてポジティブ思考と行動力。

 

勿論、自分に対して真摯に向き合ってくれている視線や言葉にはしっかり向き合うべきであり、耳を貸すのは大前提とする。

 

 

言うは易く行うは難し

 

口で言うのは簡単だが、何かしらのアクションを取らなければ現状は何一つ変わらない。

 

要は、鬼の視線にばかり気を取られて立ち止まるのではなく、
自ら前へと進み繋がれた鬼と捕虜の手を切る事で自由を手にするしかないのだ。

 

私は普遍的モラルは守った上で、
人の目を気にせずに何事も楽しめる人間になりたい。

 

正直な所、他人の視線=ネガティヴな視線というバイアスが私の中で強くかかっていた部分が否めないです。

そこは反省すべき点であり、そのバイアスを解く必要があります。

要は自分が感じる他人の視線とは、バイアスかかった自分の見方であるケースが少なくないと言う事です。

 

 

では試しに、これまでのバイアスを解いてみる事にします。

 

 

 

 

だ〜る〜ま〜さ〜ん〜が〜こ〜ろ〜ん〜だ〜♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くぅわっ!!!

 

ふんぐぅああああああああああ!!!!!

 

 

この世にここまで、キュンキュンするダルマさんが転んだが存在したのか!?

 

こんな視線だったら、余計な事は考えずに鬼を抱きしめに前へ進みますよね。

 

ふ…ふ…

 

 

触れたいっ!!!!

 

辛抱たまらんと、グイグイ前へと進めちゃいます。

 

 

 

その結果…

 

 

 

 

 

 

 

ごめんなさい、見逃して下さいぃ!!!!

 

 

 

 

 

と、なっても責任は負えませんのでご了承ください。

 

 

 

ふざけてはおりますが、人の目を気にせず楽しめる人生をゲットする為に、これからは今まで自分が避けてきた事も率先してやっていこうと思います。

 

 

明日は台風の影響で中止になるかもしれませんが、

ハウステンボスに行った際にはメリーゴーランドに跨って馬のケツを引っ叩いてきますよ

 

 

馬さんが可哀想なんでやっぱり無しの方向でお願いします…。

 

 

明日から本格始動の新サイト『妄想INハウステンボス』の方も何卒宜しくお願い致します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

人気ブログランキング

Pocket

2 Comments

  1. しゃんしゃん

    こんにちは。しゃんしゃんです。
    リリーさんのおっしゃる通り人の目線は気になるけれど相手の顔色を窺う事自体、良くも悪くも自由はないと思います。仮に物事がうまくいっても決して楽しいものではないですね。
    いつもブログ訪問ならびにコメント有難うございます。またブログ訪問並びに応援させていただきます。

  2. リリーリリー (Post author)

    しゃんさん、こちらこそいつもありがとうございます。

    仕事関係においては、お客様の目線は気にすべきですがプライベートでは人の目線を気にするがあまり、心から楽しめなかったり堂々とできない自分がいたので、いい意味での自由を手にする為に意識を変えていきたいと思います。

    一度きりの人生ですから人の目を気にして窮屈に生きるより楽しく生きたいですもんね^ ^

    本当に毎回ありがとうございます。めちゃくちゃ励みになります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です